ベビーベッドを購入するなら安いものがベスト

デリケートな肌を守る

赤ちゃん

赤ちゃんの肌は状態がとてもいいように思えますが、大人と比べて薄く少しの刺激に対してもトラブルになってしまいます。少しでもトラブルを避けるためには、紫外線からのダメージを減らすことも大切です。そんな赤ちゃんの肌にも、大人と同じように日焼け止めをすることによって火傷や水ぶくれなどの状態を避け、将来的に皮膚ガンやシミになるリスクを低下させることができます。赤ちゃんの肌はデリケートなため日焼け止めは重要です。選び方としては、まずノンケミカルなものを選んできます。化学原料である紫外線吸収剤は刺激が強いため、避けるようにして紫外線散乱剤のものを利用します。香料や防腐剤、着色料の入っていないものを選ぶことで肌への負担を減らすことができます。選んだら、肌に合うかどうかも必ずパッチテストを行います。日焼け止めが肌に残ってしまうと肌トラブルの原因になってしまうため、水や石鹸などで落としやすいものを選び、海やプールなど出かけるときにはSPF30以上の高いものが効果的です。赤ちゃんの肌にあまり負担のかからない日焼け止めを選んだら、しっかり塗っていくことが日焼けを避けることにつながります。使い方としては、クリームタイプの場合はパール程度の大きさ、液体タイプは1円玉程度を手に取ります。それから額から鼻の上、頬、顎に少しずつ乗せていき、顔全体に均等になるように広げていくというのを2回行います。耳や首、鼻は塗り忘れてしまいがちなためしっかり塗っていきます。また、手足など肌の露出するところも塗って完成です。汗をかいたら落ちてしまうため、2時間ごとに塗り直していきます。